top of page

むすめとあいうべ体操 #あいうべ〜





娘はアレルギー体質&気管支喘息の疾患もあり、


肌トラブルが多く、風邪をひきやすい、更に喘息発作を誘発してなかなか治らずと、薬もネブライザーも手放せない体質です。




そんな体質が少しずつでも改善していくよう、食べ物、生活習慣、できることはなんでもやろう!と色々と調べるうちにたどり着いたひとつがこの「あいうべ体操」🌈✨




◎毎朝のはみがき後、クリームと日焼け止めを塗りながらやっています(動画=6枚目)




◎飽きてきたら、好きな歌の歌詞をあいうべに変えて歌っています。(動画=7枚目)




始めてから1年半近く経って、おや?ちょっと発作の頻度が減ったかな?✨ 口がポカンと開いていることはほぼないな!👀✨


と効果を実感中🌈


もしも同じようなお悩みの方や、テレビを見ている時に口がポカンと開いてるのを治したいなあという方はぜひご参考にしてもらえたら!と思い書いてみます💡




◉「あいうべ体操」とは


内科医である今井一彰先生が考案した口呼吸から鼻呼吸に改善するための口の体操です。


大きく開けて「あ・い・う・ベー」の発声とともに、最後に舌ベロをベーと伸ばします。


この動きを繰り返すことで、舌の筋肉を鍛えて口の機能を向上させます。


1日30回が理想とのこと。




◉鼻呼吸の効果


・免疫力UP


・アレルギー疾患の軽減


・歯周病や虫歯のリスク低下


・歯並び改善


・姿勢改善


・ドライマウスや口臭の改善


・ぽかんと開いた口でなくなる




◉あいうべ体操のプラス効果


・舌を動かすことで脳の活性化


・口周りの筋肉を鍛えることでほうれい線やしわも解消


(あやかりたい!!!🙋‍♀️)




◉「あいうべえほん」のススメ




・はじめはただ私が「お咳ゴホゴホがなくなるように、あいうべ体操してみよう-!」と誘ってやってみたのですが、あまりピンとこないようで続かず...




・この絵本を買って何度か読むと、あいうべ体操をなんのためにやるのか理解して毎日取り組めるようになりました(Amazonで¥550 )




・この絵本では、"いつも病気で辛い思いをしているタマネコちゃんがイヌの先生にあいうべ体操を教わってから元気になった"という単純明快なストーリーに沿ってあいうべ体操の意義を教えてくれます。




・最初の頃は「ベー」のページをコピーして玄関にも貼ったりしていました。




・「ベロは上、お口を閉じて、鼻スースー」という呪文が特に子供にわかりやすく、娘は腑に落ちたようで毎日続けられるようになりました。




ところで私のシワは改善されただろうか...脳みそは活性化されただろうか....


劇的な効果は感じていませんが、きっとやらないよりはいいだろう🥹✨


ということでこれからも娘と一緒に続けていこうと思います🙌








お恥ずかしいハッシュタグで娘の記録を時々更新します。
















_______________________


下北沢の写真屋さん


きらきらフォト





*動画と過去記事は、インスタグラムアカウントに掲載中


@kirakira_photo





_______________________



閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page